一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.02.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

日銀によると、この5年で日本の労働生産性は9%伸びた一方で、物価変動の影響を除いた実質賃金の上昇率は2%にとどまる。
世界を見渡すと、日本の賃金が取り残されている。
経済協力開発機構の調べ では物価の影響を除いた実質賃金は日、米、独など主要7カ国のうち、日本だけが00年よりも低い水準だ。
過去20年、デフレが続くなか、多くの日本企業が人件費が増えると国際競争力が落ちると考え、賃上げを渋ってきた。
しかし、人手不足と経済のデジタル化が構図を変えた。
ロイヤルホールディングスの菊地唯夫会長は生産性向上の成果を賃金で還元できるかどうかが企業の生き残りを左右すると言い切る。
製造業も高い品質の製品を安価に作るコスト競争力ではなく、新しいビジネスモデルを競う段階にきている。
賃金はコストではなく、イノベーションへの投資になりつつある。
世界では人材獲得競争が広がる。
人事コンサルティング大手の米マーサーによると、日本企業の給与・報酬 は部長・取締役の幹部クラスでアジア各国に抜かれる傾向にある。
アジア企業は若手社員でも、日本よりも高い賃金を払い始めた。
中国の通信機器大手、華為技術は17年、日本国内の新卒採用で初任給40万円を提示した。
ソニーなど日本の電機大手の2倍近い水準だが、世界的には珍しくはない。
優秀な人を採るためのグローバルスタンダード。
日本企業は発想の転換がいる。
働き方改革に伴って過剰な残業を見直す企業が増えたが、残業時間が減れば残業代も減る。
短い時間で効率よく働いても時間で測る従来型の賃金体系では働く人に成果を還元できない。
それから「デルメッドの育毛剤」について。
デルメッド育毛剤
このヘアエッセンスはボトルを逆さまにして直接頭皮に育毛剤を塗っていくタイプなので、頭皮が目立つ場所はもちろん、薄毛が進行しそうな部分にも塗りやすくなっています。
そしてノズルは、どちらかというと長めになっています。
ノズルが長い方が髪の毛をかき分けやすくなるので、頭頂部の毛が邪魔になってしまう側頭部や後頭部にも塗りやすい育毛剤です。

 

JUGEMテーマ:育毛剤

若手や左派では、医療保 険改革や高所得者への増税といった党の看板政策がメルケル与党に完全にはねつけられたとの不満が強い。
メルケル氏主導の連立政権に参加すれば党の存在感が薄れ、支持者離れに歯止めが掛からなくなるとし、慎重論が広がっていた。
党大会でも、大連立の賛成派と反対派が激しく意見をぶつけ合う展開となったが、最終的には執行部提案が受け入れられた。
メルケル首相は2017年11月に3党連立協議に失敗しており、SPDが連立を拒否すれば袋小路に陥る。
長くドイツ政治を支えてきた二大政党のひとつとして、混乱を長引かせるべきではないとの判断に傾いた。
SPDは17年9月の連邦議会選挙で、戦後最低の得票率にとどまる大敗となった。
支持率の低迷が続いており、連立協議を拒否して 再選挙に突入すればさらに議席を失う可能性があった。
極右政党が勢力を広げかねないことも、穏当な判断につながったようだ。
党大会で了承を取り付けたことで、両党は週明けから連立合意を目指した本協議を始める。
事前協議で決めた政策の大枠をもとに詳細を詰めるほか、財務相や外相などの主要閣僚ポストをどう分け合うかを話し合う。
SPDは連立合意が成立した後に、党員投票を実施して政権入りの是非を最終判断する考えだ。
投票は全党員が対象になる。
21日の党大会の投票結果がかなりの接戦となったことで、最終的な判断はなお読みにくい。
党員投票で了承した場合も、すべての手続きを終えて政権が発足するのは早くても3月末ごろになるとの見方が多い。
連邦議会選挙か ら約4カ月が過ぎ、戦後最長の政治空白が続いている。
新政権の成立までは旧政権が職務を担うため、ドイツ国内の混乱は少ない。

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

1

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM